学生ローンの比較情報をご紹介

学生のみなさま、毎日のご学問お疲れ様です。
当サイトでは学生ローンの比較情報をご紹介しております。
緊急の出費や資格の取得などで一時的な資金が必要となり、あいにく、お手元にお持ち合わせがない際にご利用されてみてはいかがかと思います。

学生ローンの一覧 »

「人間は必要な分のお金は入ってくるようにできている。」
という話を聞いたことがあります。その時にどうしても必要と思えるお金であっても、後から考えると必ずしも必要ではなかったりもするものです。

もし学費が足りない場合は、親を通じて教育ローンを借りることもできますし、奨学金制度も育英会以外でもいろいろあります。
なるべくなら無理をせずに借り入れることが大切ではありますが、どうしてもという場合、ひとつの選択しとして"学生ローン"という方法もございます。

社会人向けの消費者金融と学生ローンの違い

社会人向けの一般的な消費者金融やキャッシングサービスと比較してみますと、学生ローン専門の金融会社の方が安心して利用することができ、かつ低金利のケースが多いです。
これはある意味、学生の特権でもあります。

貸金業者を比較する際のポイント »

一般的な消費者金融は20歳以上から借りることができますが、安定したバイト収入のない場合は、たとえ20歳以上であったとしても断られるケースが多いのです。
学生の方はできるだけ専門の金融会社を利用することをおすすめします。

ちなみに、高校生の方はたとえバイト収入などがあったとしても融資を受けることはできませんので、親に相談されることをおすすめします。

また、電柱や雑誌の広告などに掲載されているような"無審査でも即融資"などの金融会社を利用してしまうと面倒くさいケースになることもあります。
いわゆる闇金といわれているものですが、当サイトでご紹介している貸金業者をご利用なされない場合でも、実店舗が確認できないような貸金業者は利用しないよう重々お気をつけください。

融資を受ける際には審査があります

気を付けていただきたいのは、借りたお金を返済するという責任においては社会人も学生も関係がないということです。
毎月、借りたお金はきちんと返済しなくてはなりません。

また、バイト収入なども何もなく毎月返済するめどがまったくない場合、お金を借りたとしても間違いなく返せなくなるでしょう。
審査の際には何のためにいくら必要で、どのくらいの収入があるのかというのは必ず聞かれますが、返せないお金は借りないというのが鉄則なのです。

学生ローンの審査について »

バイト収入などもなく、未成年であった場合などは、比較的少額の融資しか借りれないケースが多いです。審査の際には、なるべく電話のみで申し込むよりも、直接お店の方に訪問して融資を受けることをおすすめします。



【最新情報】
改正貸金業法の改正による総量規制により、収入の3分の1を超える借り入れができなくなりました。加えて平成22年12月17日施行の「改正割賦販売法」により、クレジットカードにおいても「支払可能見込額」以上のお買い物はできなくなります。