リボルビング返済方式とは?

消費者金融の返済方法は“リボルビング払い”がほとんどです。
クレジットカードにも“リボ払い”というのがありますが、リボルビング払いは毎月の返済金額が少額に設定されており、比較的、返しやすい返済方法です。

このリボルビング払いにもいくつかの種類があります。

・元利定額リボルビング方式

「元利」というのは「元金+利息」のことです。
元金と利息の両方合わせての支払い方法になります。

例えば、総額1万円を返済し、まず、利息分の2,000円にあてられ、残りの8,000円が元金返済に充てられるような方法になります。毎月決まった額の元金が減っていくわけではなく、利息分を差し引いた残りが元金の返済に充てられます。

ですので、元利定額の場合は、返済はしやすいものの、残高がなかなか減っていかないかもしれません。

・元金定額リボルビング方式

こちらは支払う「元金」を定額にし、それに利息分を上乗せして払う方法です。

例えば、まず元金分として1万円を支払い、それプラス利息の2,000円分で合計12,000円の支払い金額となるような方法です。ですので、毎月、一定の元金が減っていくことになります。

こちらは、一定の元金が毎月減っていきますので、完済までのイメージがしやすいでしょう。

ただ、実際に支払う金額はどちらもほぼ同じ程度になるのが一般的ですので、どちらの方式でもほとんど違いは感じられないかと思います。

・残高スライドリボルビング方式

また、借入残高の大小によっても返済方法に違いがあります。

一般的な消費者金融の場合、融資額に10万円~200万円程度の幅がありますので、借り入れ残高に応じて、返済金額が変動する残高スライドリボルビング方式が一般的です。

10万円の残高で月5千円の返済なら、100万円で月5万円の計算になってしまいますが、借り入れ金額が多い場合でも払いやすい額に調整されるのがスライド方式です。

例えば、0~10万円までなら月5千円、50万円~100万円までの場合は月2万円といったような形で、借入残高によって返済金額が調整されるようなスライド方式になっています。

各社によって違いはありますので、借り入れを受ける際に、毎月の返済金額についてはよく確認してから契約するようにしましょう。