学生向け目的別ローンを比較

当サイトでご紹介している学生ローンの一覧は、一般的には消費者金融に分類されるものです。審査の際に使い道について聞かれるかもしれませんが、基本的には生活費やレジャーなどの「生計費」として融資をうけることになります。

けれども、自動車教習や英会話学校などの資格の取得、あるいは卒業旅行など、使用目的がはっきりしている場合は、信販系の目的別ローンを利用すると金利が安くすむ傾向があります。

自動車教習

地域によっても違いがありますが、普通免許でだいたい30万円程度の費用がかかります。利用する教習所が提携しているローン会社を通じて申し込みをすることになりますが、主にジャックスやニコスなどの信販系が多いです。

審査の方が通ると、ローン会社から教習所へ一括で費用が支払われ、そのあとローン会社の方へ分割して費用を支払っていくことになります。

ですので、自動車教習以外の目的には使えません。18歳未満の場合は親権者名義での申し込み、18歳以上の大学生の場合などは、連帯保証人が必要になるケースが一般的です。

英会話学校・資格取得

英会話や公務員資格などの学校も、たいていは数十万円以上の費用を前払いするのが一般的です。これを分割で支払う場合、その学校が提携しているローンを組むことになりますが、この場合も信販系のローン会社のケースが多いです。
ただ、まれに自社で用意しているケースもあります。

審査のあとは一括して支払われるので、他の利用目的には利用することができませんが、消費者金融と比較すると利率が低く設定されている傾向にあります。

学生ローンは生活費のほか、レジャー資金や教育資金にも使えますので、こちらから借りて費用にあてることもできますが、使途が明確に決まっている場合は、信販系の目的別ローンを利用すると利率を低く抑えることができます。

申し込みの際は、あらかじめ学校側で用意しているケースが多いので、そちらから申し込むようにしましょう。